トリオス戦 戦評

1本目
【GK】西岡
【DF】左:大村 、 センター:山元・阪口 、 右:上杉
【MF】ボランチ:辻澤・豊田 、 トップ下:石田・杉田
【FW】澤田・荒川

不甲斐なさ過ぎる試合だった。
2失点はGKがいなかったと言えばそれまでだが、バイタルエリアでのプレスがなさ過ぎる、不用意にFK・CKを与えてしまった。
シュートを打たれれば高確率で得点に結びつくのは誰でも分かるはずなのに、普通どおりに応対してしまった。
切り替えの遅さ、メリハリの無さを露呈していた。
攻撃に関しては、野球部2トップだったので言及しないでおこう。


2本目
【GK】西岡
【DF】左:豊田 、 センター:大村・山元 、 右:辻澤
【MF】ボランチ:三原・小川・杉田 、 トップ下:石田
【FW】山田・土屋

阪口が線審のため、苦しい状況で布陣を組むことを強いられた。
上杉の疑惑の判定で1失点をしたものの、それ以外はボールを支配できて自分達のペースで試合を進めることが出来た。
流れに乗って3得点し、短い時間で同点にまで追いつけたのは評価すべきだろう。
ただ、相変わらずボールを持ちすぎる、危険な位置で不用意にボールを失う、相手をナメたようなプレーが目立った。


3本目
【GK】山田
【DF】左:三原 、 センター:小川・土屋 、 右:荒川
【MF】ボランチ:石田・澤田 、 トップ下:上杉
【FW】左:山元 、 センター:西岡 、 右:阪口
ポジションを完全に入れ替えた試合。
不慣れなポジションながらも、山元・阪口は果敢なプレスを見せ、好場面を演出。
右サイドバックに入った荒川も、初心者とは思えないしっかりしたトラップ、タイミングの良い攻め上がりを見せた。


総評として、全体的に悪さを露呈した試合になってしまった。
だが、もちろん良い点もあり、今後に繋がるようなプレーも時折見られた。
しかし、状況やポジション、戦術を意識しないプレーが多々あったので非常に残念だった。
何より残念だったのが、試合後に開封済みのコンドームが落ちていたことだった。


評価点
 
西岡 5.5 いつもの元気があまり見られなかった。FWとして出場するも、体育会サッカー部の真の力を発揮できず不完全燃焼
山元 6.5 DF・WF共に平均点以上のプレー。現時点で一番期待できる選手。
阪口 6.5 難しい体勢でも確実にクリアをして、危機回避。線審の脱落が非常に痛かった。
大村 6.0 果敢なオーバーラップを見せ、反撃の狼煙を上げるゴールを決めた。今後は感情のコントロールが課題か。
上杉 4.5 決定的なミスを犯した。不安が残る。
辻澤 5.0 イージーなパスミスを連発。不調から抜け出せるかがカギ。
豊田 6.5 不慣れなポジションながら、堅実にプレー。技術もしっかりしていて、使い方次第では更なる飛躍も。
石田 5.5 貴重な同点ゴールをマークも、球離れが遅かった。彼のプレーがチームを左右する。
杉田 5.5 十分なテクニックを持っている。判断力に課題。
澤田 5.0 前試合のような活躍は影をひそめた。やはり上のレベルでは少々苦しいか。
荒川 5.5 果敢に仕掛ける姿勢がよかった。FWでは不発気味だった。
山田 6.5 2試合連続ゴールを記録。今後の戦術浸透に課題が残る。
土屋 5.0 逆転できるチャンスでミス。また、最終ラインでも決定的なミスをし、失点に直結した。
小川 5.5 怪我もあり、久々のフルコートとあって、少々感覚が戻っていない感じ。そんな中でも1アシストを記録、感覚が戻れば攻撃にアクセントが。
三原 5.0 危険な場所でボールを持ちすぎた。パスも少々ずれていて、些細なミスが数回発生。


TOP



inserted by FC2 system